新型コロナウィルス感染症対策に関するお知らせ

 

2020年4月7日、福岡県にも緊急事態宣言が出されました。

 

当医院では以前より大学病院と同じ滅菌システムを導入し、できる限りのディスポ化を実施しております。これは特記することではなく一医療機関として当たり前のことです。

私たちは医療人です。患者さんがいらっしゃる限り、必要とされている限り逃げることは許されません。
従業員と相談した上で、できる限りの感染対策を実施して、宣言中も通常の時間帯で診療を行うことに決定しました。

新型コロナウィルス (COVID-19)は基本的に飛沫感染と接触感染ですので、無症状病原体保有者の存在が大きな脅威です。
三密を避けるため院内のすべての窓は開放しております。エアコンで温度調節を試みますが快適性に劣ることをご容赦ください。
院内にウィルスも持ち込まないことを目的に、受付での問診と検温の徹底にご協力をお願いします。待合室での患者さん同士の接触は極力避けます。予約でコントロールいたしますが場合によっては車内で待機していただくこともございます。

また、接触感染を防ぐため使用した椅子、ドアノブは直ちにアルコール消毒いたします。院内各所にウエルパスを配置しております。患者さんもご自由にお使いください。使用しない部屋、特にプレイルーム等はそれでも消毒の徹底が困難です。接触感染の恐れが残りますのでこの期間閉鎖します。

飛沫感染を防ぐため診療室内で稼動させるユニットを極力一台置きとし、スペースを確保いたします。診療前に口腔内のウィルス殺菌を目的としたリステリンによるうがいにご協力お願いします。診療中は口腔外バキュームを使用いたします。少し騒がしいかもしれませんが、ご協力お願いします。

スタッフは全員自覚した行動をとり、毎朝検温を実施しております。公共の交通手段での通勤はこの期間は認めておりません。常にマスクを着用し診療中はゴーグルを着用いたします。各自院内、院外を含め小型のアルコール消毒薬を持ち歩き常に消毒を徹底しております。

しばらくの間ご不便をおかけいたしますがご協力お願いします。