令和3年4月6日

昨日お昼休みに入る直前、

幼稚園の先生から「子供がうんていがら落ちて、舌を噛み切っています。」という受診依頼。

 

到着したのは年少さんの仮面ライダーセイバー君。

 

幼稚園の先生方で、きちんと落ち着かせてくださっての来院。

でも洋服を見ればかなりの出血。ただもう止血してるよう。意識障害もありません。

 

破傷風の予防接種が終わっていることを確認し、骨折がないかレントゲン撮影。

さあ、舌を見せてごらん。べーっと出してもらうと、これはざっくりとかなり深い傷。

お母さまの来院を待って処置開始。

 

まず吸入麻酔でトライしてみました。

でもなかなか寝てくれません。

仕方なく静脈麻酔に変更。幼児なのでとても気を使います。

 

危機を察知したセイバー君は、暴れまくってさあ大変!

幼稚園の先生、お母様、従業員一同で押さえつけてようやくスタート。

っと、突然眠りだして静かになりました。

これで安心。

きれいに縫合が終了。

 

覚醒を確認して、さあ終わり。気が付けば昼休みも終わりかけです。

 

さて、本日は洗浄。

診療室に入ってこれるかな??

 

「今日は注射しない??」何度も確認してくるセイバー君。

大丈夫だよ。

なんも持ってないよ。舌圧子だけを見せます。

 

若いので治るもの早い。傷もきれい。でも、痛くて食事がとれないとのこと。

どんな時に痛い??と聞いたら

「納豆を食べるとき…..。」

かっちゃんは納豆嫌いです。食べません。臭いがダメなので食感も、味もわからない。

 

うーん….なんでそれが痛いんだろ?

傷口を押してみますが痛がりません。

っと衛生士さんが、「醤油が入ってます。」

ああ、それはしみる。塩分はしばらくしみて痛いんです。

 

醤油なしで食べてください。….とお母さんが????それじゃあ味しません。

 

やっぱり好き嫌いなく食べてないとうまく説明できないなぁ….。

洗浄後は元気に手を振って帰っていきました。

次は受傷後1週間。

溶ける糸を使っているので抜糸はありません。

頑張れセイバー、元気な仮面ライダーになってね。